2019年10月16日 更新

10月となり消費税が10%にアップしました。そして、WiMAXのキャンペーンも大きな変化がありました。

 

※ WiMAX口座振替は正しい情報を知ってから申し込みを!
これまでWiMAXの口座振替について紹介したサイトをご覧になったと思いますが、間違った情報や更新されていない古い情報が掲載されているのがいくつかあることにお気づきでしょうか。

 

具体的には次のような記載です。

  • 3年総額でBroadWiMAXは最安
  •  1年間あたりの実質費用を示した表ではBroadWiMAXが一番安いのに、文中ではBIGLOBEが安いと言ってます。
     WiMAXの3年総額表で示したBIGLOBEの総額はクレジットカード払の場合で、口座振替の場合は表に示された総額に口座振替の初期費用18,857円を加算すると最も高くなります。

  • BIGLOBEは2年以内に解約すると、「端末代の残債請求」 
  •  BIGLOBEで口座振替の場合は、端末代は端末受取時に代引きで19,200円を一括で支払います。解約時に端末代の請求はありません。

  • 基本契約期間は3年間
  •  現在3年プランはBroaWiMAXだけで、UQ WiMAXとBIGLOBEの新プランでは2年、1年と短くなりました。

  • UQ WiMAX キャッシュバック1万円、BIGLOBE 1.5万円
  •  これらは全てコンテンツが更新されていない古い情報です。
     10月のUQ WiMAXのキャンペーンはキャッシュバック3,000円で、BIGLOBEはキャッシュバック1万円です。

  • BIGLOBE WiMAXは、クレジットカード払いと口座振替とで差をつけている
  •  2018年10月時点の古いキャンペーン情報です。
     10月のキャンペーンではクレジットカード払いと口座振替は差はありません。

 

 

その他、支払費用を比較している例では、口座振替手数料を計算に入れてなかったり、口座振替を紹介しているのに最終的にクレジットカードでしか申し込めないGMOとくとくBBをおすすめといったり、情報を恣意的に操作して特定のサイトをおすすめしています。

 

WiMAXの口座振替は正しい情報を知ってから申し込むことです。

 

 

当サイトは2010年よりWiMAXとEMOBILE(現Y!mobile)を4つのプロバイダを乗り換えて使ってきた管理人が、あなたがWiMAXのプロバイダーを適切に選ぶことができるように最新の正しい情報と、計算式を明示したお得さの比較を提供し、WiMAX口座振替のプロバイダー選びをお手伝いします。

 

なお、当サイトに記載した内容については誤りの無いように注意しておりますが更新タイミングのズレなどで公式サイトと異なることがあります。
必ず公式サイトでしっかり確認してから申し込んでください。

 

1. 口座振替で申し込めるWiMAXの2019年10月のキャンペーン

WiMAXのMVNO(仮想移動体通信事業者)各社はほとんどクレジットカードでの申し込みとなっており、現在口座振替での申し込みを受け付けているのは、
  BIGLOBE
  BroadWiMAX
  UQ WiMAX
の3社のみです。

 

10月のキャンペーンの特徴
先月に比べてBIGLOBE、UQ WiMAXのキャンペーンに大きな変化がありました。

  1. UQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXに契約年数が短い新プラン登場
  2. これまでのキャンペーンでは料金プランは3年でしたが、BIGLOBE WiMAXの新プランは1年プランに、UQ WiMAXの新プランは2年プラン(2年自動更新あり、2年自動更新無し)と契約期間の縛り無しプランの3つが登場しました。
    また、新プランの登場で3年プランと月間通信量7GBのプランは終了しました。

  3. UQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXの端末代は大幅に値上げ
  4. 今まで比較的安かった端末代金が19,200円(BIGLOBE)、15,000円(UQ WiMAX)と大幅に値上がりしました。
    口座振替では端末受取時に端末代金を代引きで一括払いするので高額な初期費用が発生します。
    期間縛りは短くなりましたが、高額な端末代金のために総利用料金がアップして気楽に他サービスに乗り換えができなくなりました。

  5. 「ハイスピードプラスエリアモード」オプションが有料
  6. これまでの3年プランは期間縛りが長い一方で「ハイスピードプラスエリアモード」オプションが無料でした。
    UQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXの新プランは契約年数が短いのでくなったために「ハイスピードプラスエリアモード」オプションが1,005円/月と有料です。
    このオプションは地下鉄や地下店舗などでつながりにくいというWiMAXの弱点をカバーするオプションでしたが、この料金では気軽に利用するにはちと敷居が高いですね。

     

 

う〜ん、なかなか厳しいものがあります。総合的に見てUQ WiMAXとBIGLOBE WiMAXはサービスレベルが低下したと言わざるを得ません。

 

1.1 BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX

ここがポイント!

  • 1年プランが登場
  • これまでは3年プランでしたが、それが無くなって縛りの短い1年プランが登場しました。

  • 10,000円キャッシュバック
  • 口座振替ではこれまでキャッシュバックが15,000円でしたが10,000円に減額となりました。

  • クレカと口座振替でキャッシュバックは同額
  • 以前は口座振替は冷遇されてクレカのキャッスバックより少なかったのですが、今月ではキャッシュバックは同額です。これは評価できます。

  • キャッシュバックの受取がサービス開始月の翌月
  • キャッシュバックの受取が6カ月後からサービス開始月の翌月へ大幅短縮しました。
    これでうっかり受取を忘れることが大幅に減ることでしょう。

  • 端末代金が19,200円(代金引換により一括払い
  • 3年プランでは端末代が4,800円でしたが、19,200円に大幅値上げしました。
    口座振替では端末代金はデータ端末の受取時に代引き手数料400円と共に一括支払いです。
    期間縛りは1年でも端末代が高額なために総利用料金はアップ、気楽に他社へ乗り換えできなくなりました。

  • 「ハイスピードプラスエリアモード」オプション料が1,005円/月
  • 3年プランだと「ハイスピードプラスエリアモード」オプション料が無料でしたが、新登場の1年プランでは1,005円/月の有料です。

 

プラン

ギガ放題1年
(契約年数 1年)

ギガ放題 1年
契約年数 1年

 

月額料金(税抜)

初月
       無料
1カ月目〜
       3,980円/月

口座振替手数料 200円/月(税別)
「ハイスピードプラスエリアモード」オプション

通常
 1,005円/月(税別)
auスマートバリューmine加入者
 無料

キャッシュバック

キャッシュバックキャンペーンサイト
 3,000円 (クレジットカード、口座振替)
公式サイト
 キャッシュバック無し

データ端末

W06, WX05
HOME L02, HOME 01

端末代金

19,200円(税別)
端末受取時に代引きで一括支払
代引き手数料400円(税別)

端末補償サービス

なし

申込手数料 3,000円(税別)

 

キャンペーン (2019年10月1日〜2019年12月1日)

 

BIGLOBE WiMAX2+ のキャンペーン公式サイト >>>   こちら 

 

1.2 UQ WiMAX

BIGLOBE WiMAX

ここがポイント!

  • 新ギガ放題2年プランと期間縛りの無いプラン登場
  • これまでキャンペーンサイトのプランはギガ放題の3年プランでしたが、新しく2年プランと「期間条件無し」という縛りの無いプランが登場しました。
    2年プランには、2年縛りの「2年自動更新あり」と「2年自動更新なし」の2種類があります。
    これらはプランに応じて月額料金が異なります。詳細は下表をご覧ください。

  • ギガ放題(3年/2年)、UQ Flatツープラスは受付終了
  • 公式サイトではUQ Flatツープラス ギガ放題(3年/2年)、UQ Flatツープラス(4年/3年/2年)が掲載されていますが、Webの申し込み画面ではこれらのプランを選ぶことができません。
    また、月間通信量が7GBまでのUQ Flatツープラス(4年/3年/2年)は10月1日より受付が終了しました。
    新ギガ放題のプランの登場でこれらの旧プランは全て受付けを終了したようです。

  • キャッシュバックの受取は契約月の翌月にEメールで連絡
  • キャッシュバックの受取は契約月の翌月に申込み時に登録したEメールアドレスに連絡が来ます。そのEメールに記載されたURLのページからご指定の口座情報を入力後、原則翌営業日までに指定の口座にキャッシュバック金額を振込となります。

  • 端末代金が15,000円にアップ
  • これまで、3年プランでは端末代金は800円でしたが、10月から端末代金は全て15,000円に値上げしました。
    口座振替の場合は端末受取時に代金引換により一括払いします。

  • キャンペーンの対象端末はWX05とHOME 01
  • キャッシュバックキャンペーンの対象端末はSpeed Wi-Fi NEXT WX05とWiMAX HOME 01です。
    残念ながら人気のSpeed Wi-Fi NEXT W06やHOME L02は対象ではありません。
    このキャンペーンはまるで不人気機種と旧型端末の在庫処分のようです。
    Speed Wi-Fi NEXT W06やSpeed Wi-Fi HOME L02を利用したい場合は、キャッシュバックの無い公式サイトから申し込みとなります。

  • 「ハイスピードプラスエリアモード」オプション料が1,005円/月
  • 「ハイスピードプラスエリアモード」オプション料は本来有料です。これまで、ギガ放題3年プランに加入すると縛りが長い代わりに特典で「ハイスピードプラスエリアモード」オプション料が無料でした。3年プランが終了したので新プランでは有料ということになります。
    公式サイトのキャンペーンでは「LTEオプション料 永年無料」というキャンペーンがありますが、残念ながらauスマートバリューmineというauのスマフォ利用者のサービスに加入している人が対象です。
    auのスマフォ利用者の方がWiMAXに申し込む場合は是非auスマートバリューmineにご加入ください。

 

プラン

新ギガ放題ずーっと

契約年数 2年

 

月額料金(税抜)

初月
      3,880円の日割
1カ月目〜24カ月目
      3,880円/月
25カ月目〜
「2年自動更新あり」 
      3,380円/月
「2年自動更新なし」 
      4,050円/月

契約年数 
「期間条件なし」

 

月額料金(税抜)

初月
      4,050円の日割
1カ月目〜
      4,050円/月

口座振替手数料 無料
「ハイスピードプラスエリアモード」オプション

通常
 1,005円/月(税別)
auスマートバリューmine加入者
 無料

キャッシュバック

キャッシュバックキャンペーンサイト
 3,000円 (クレジットカード、口座振替)
公式サイト
 キャッシュバック無し

データ端末

キャッシュバックキャンペーンサイト
  WX05, HOME 01
公式サイト
  W06, HOME L02

端末代金

15,000円(税別)
端末受取時に代引きで一括支払
代引き手数料400円(税別)

端末補償サービス

(1)端末補償サービス 380円/月(税別)
(2)端末あんしん保障 500円/月(税別)

申込手数料 3,000円(税別)

 

期間縛りが2年と短くなりましたが、端末の値上げとLTEオプションの有料化、そしてキャンペーン対象の端末が人気機種のW06が選べないのでサービスレベルが低下したと感じます。

 

キャンペーン (2019年10月1日〜)

 

UQ WiMAXの新ギガ放題キャンペーンサイト >>>    こちら 

 

その他については公式サイトをご覧ください。
【公式サイト】UQ mobile・UQ WiMAX >>>   こちら 

 

1.3 Broad WiMAX

Broad WiMAX

ここがポイント!

  • 料金プランは3年
  • 料金プランは3年でキャンペーン内容もこれまでと変わりません。

  • 端末代金無料
  • 新料金プランの登場でBIGLOBEやUQ WiMAXが10月から端末代金を大幅に値上げしましたが、Broad WiMAXはこれまでのように端末代金が無料です。

  • 月額料金が安い
  • キャッシュバックのかわりに月額料金が割安です。キャッシュバックの受取手続きが不要なので手続き忘れでもらい損ねるようなことがありません。

  • 「ハイスピードプラスエリアモード」オプション料が無料
  • 3年プランではこれまでと同じく「ハイスピードプラスエリアモード」オプション料が無料です。
    WiMAXがつながりにくい場所でも気軽に「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えて快適通信できます。

  • 口座振替では初期費用18,256円がかかる
  • 口座振替だと端末を受け取り時に初期費用18,857円と事務手数料(3,000円)および代引手数料(400円)、合計22,257円を支払います。
    この初期費用はBroad WiMAXの口座振替申し込みの大きな弱点でしたが、10月から他社が端末代金を値上げして端末受取時に初期費用に近い端末代金を一括支払いなので、BroadWiMAXの初期費用はそれほど弱点とは言えなくなりました。

  • 口座振替ではBroad WiMAXへの乗り換え特典は無い
  • 他社のWi-Fiサービスから乗り換える場合に口座振替の申し込みでは「初期費用0円」「契約解除料当社負担」の特典がありません。

  • 口座振替で渋谷センター・秋葉原センタ―で店舗受け取りができる!
  • ただし、この場合店舗に電話で申し込みとなります。Webからの申し込みで店舗受取希望はできません。

 

tr>

ギガ放題プラン 3年

 

月額料金(税抜)

初月
      2,726円の日割
1カ月目〜2カ月目
      2,726円/月
3カ月目〜24カ月目
      4,011円/月
25カ月目〜
      4,380円/月

ライトプラン 3年
(月間通信量7GB)

 

月額料金(税抜)

[月額料金(税抜)]
初月
      2,726円の日割
1カ月目〜24カ月目
      2,726円/月
25カ月目〜
      3,326円/月

口座振替手数料 200円/月(税別)
「ハイスピードプラスエリアモード」オプション

無料

データ端末

W06, WX05
HOME L02, HOME 01

端末代金 無料
端末補償サービス

安心サポートプラス 550円/月(税別)

事務手数料 3,000円(税別)
初期費用 18,857円(税別)

端末受取時に事務手数料と
一緒に代引きで支払
代引き手数料400円(税別)

 

BroadWiMAXは、口座振替が対象となるキャンペーンは昨年より変わっておりません。
3年プランでLTEオプションが無料なので長期利用する人に魅力です。

 

キャンペーン (〜終了未定)

 

Broad WiMAXの公式サイト >>>   こちら 

 

2. WiMAX口座振替のお得なプロバイダ選び  本当にお得なのはどれ?

2.1 利用年数毎にお得さを比較する

10月のプランは、BIGLOBEが1年プランでUQ WiMAXは2年プラン、BroadWiMAXは3年プランで、1年だけ使う、2年使うと、3年利用するというような柔軟な利用ができるようになりました。
これまでは各社共に標準は3年プランだったので3年プランで比較するだけでよかったのですが、今度は一律に3年間の利用だけで比較するので無く、1年、2年、3年利用する場合とそれぞれ利用年数毎に比較しました。

2.1.1 1年間利用する場合

1年の短期利用はBGLOBEとUQ WiMAXの「ギガ放題(期間条件なし)」でできます。

 

1年利用の場合の実質月額料金と総支払費用

実質月額料金
(3年間の総支払費用)

差額

 BIGLOBE 1年
 ギガ放題(1年)
 キャッシュバック
 10,000円

4,827円/月  
(62,760 円)  

最安

 UQ WiMAX 
 ギガ放題(2年)
 キャッシュバック
 3,000円

5,226 円/月  
(67,950 円)  

5,190円 

 

  • 1年利用はかなり割高
  • BIGLOBEの月額料金は3,980円ですが、高額な端末代金(19,200円)のために1万円のキャッシュバックがあっても実質月額料金は4,827円とかなり割高です。
    UQ WiMAXも実質月額料金は5,226円と光回線並みに割高です。
    これではWiMAX以外の短期利用できるモバイルWiFiを検討した方が良さそうです。

 

結論
WiMAXの1年利用は割高なのでWiMAX以外も考えるべき

 

2.1.2 2年間利用する場合

UQ WiMAXの新ギガ放題プランは2年プランです。BIGLOBEの新プランは1年利用なので2年利用する場合は12カ月目で更新して1年間延長利用することになります。
そこで、WiMAXを2年利用する場合のUQ WiMAXとBIGLOBEで実質月額料金と総支払費用を比較しました。
BroadWiMAXは2年プランが無いので比較していません。

 

2年間利用の場合

実質月額料金
(2年間の総支払費用)

差額

 UQ WiMAX 
 ギガ放題(2年)
 キャッシュバック
 3,000円

4,492 円/月  
(112,300 円)  

最安

 BIGLOBE 1年
 ギガ放題(1年)
 キャッシュバック
 10,000円

4,516円/月  
(112,920 円)  

620円

 UQ WiMAX
 ギガ放題(2年)
 公式サイト
 キャッシュバック なし

4,612 円/月  
(115,300 円)  

3,000円

(表中の「差額」はUQwimaxの最安値からの差額)

 

  • 最安はUQ WiMAXだが最新型のW06やHOME L02を選べない
  • WiMAXを2年利用する場合、UQ WiMAXのキャッシュバック3,000円キャンペーンのプランが最安です。
    しかし、このプランでは端末がWX05や旧型のHOME 01しか選べません。

  • 最安のUQ WiMAXの3,000円キャッシュバックキャンペーンとBIGLOBEの差額はわずか620円
  • BIGLOBEの場合はUQ WiMAXの最安プランより2年間の総費用がたった620円高いだけで、しかも最新型で一番人気の端末W06を選べます。
    UQ WiMAXの公式サイトのプランだと端末W06を選べますがキャッシュバックはありません。このため2年間の総費用はBIGLOBEより3,000円高くなります。

 

結論
WiMAXを2年利用するなら最新型端末W06を選べるBIGLOBEがおすすめ

 

2.1.3 3年間利用する場合

3年利用はちょっと長いのですが、「ハイスピードプラスエリアモード」オプション料が無料という特典がありました。
「ハイスピードプラスエリアモード」オプション(LTEオプション)はWiMAXがつながりにくい等受信状態が悪いときに利用するオプションで、WiMAXの弱点をカバーする保険です。
めったに使いませんが、UQ WiMAXやBIGLOBEでがそれを使う場合はオプション料が1,005円/月ががかります。
300円程度ならまだしも、この金額では決して安いとは言ないので気軽に使えません。

 

BroadWiMAXはこれまでと変わらず3年プランがあって「ハイスピードプラスエリアモード」オプション料が無料です。
以前はBroadWiMAXの口座振替だと高額な初期費用(18,857円)がかかるためにおすすめしませんでしたが、BIGLOBEやUQ WiMAXの端末代金が初期費用並みに高額となったために互角となりました。

 

そこで、BroadWiMAXとUQ WiMAX、BIGLOBEを3年利用した場合の実質月額料金と総費用を比較します。

 

BIGLOBEは1年プランをそのまま2年間延長してトータル3年間利用するとします。
UQ WiMAXの場合は2年プランを「2年自動更新無し」で申し込んで3年目を月額料金4,050円で利用するものとします。

 

3年利用の場合の実質月額料金と総支払費用

実質月額料金
(3年間の総支払費用)

差額

 UQ WiMAX 
 ギガ放題(2年自動更新無し)
 キャッシュバック
 3,000円

4,348 円/月  
(160,900 円)  

最安

 BroadWiMAX 
 ギガ放題(3年)
 キャッシュバック
 3,000円

4,351 円/月  
(161,009 円)  

109円

 BIGLOBE 1年
 ギガ放題(1年)
 キャッシュバック
 10,000円

4,407円/月  
(163,0080 円)  

2,180円

(表中の「差額」はUQwimaxの最安値からの差額)

 

  • BroadwimaxがUQ WiMAXより109円高いだけ
  • Broadwimaxが最安のUQ WiMAXより109円高いだけで、しかも最新端末W06やHOME L02を選べて「ハイスピードプラスエリアモード」のLTEオプション料は無料です。

  • BIGLOBEは割高でLTEオプションは有料
  • BIGLOBEはBroadwimaxよりも2,180円割高で、LTEオプションは有料で1,005円/月です。

 

結論
3年間利用するならLTEオプションが無料のBroadWiMAXがおすすめ

 

2.2 お得以外の考慮すべき条件 どのプロバイダーが有利?

プロバイダ選びで最安は重要なポイントですが、最安だけで選んでしまうとおもわぬ落とし穴にはまってしまいことがあります。
費用以外に選定で考慮すべき要件として重要なのは次の3点です。

 

  • 端末受取までの日数
  • 故障時のサポート
  • 初期費用

 

費用以外の考慮すべき条件の比較

UQ WiMAX BIGLOBE Broad WiMAX
端末受け取りまでの日数  2日〜4日  2週間〜 最短即日発送
店舗受取可
電話サポート 無料電話
9:00〜21:00
年中無休
無料電話
9:00〜18:00
年中無休
有料電話
11:00〜18:00
月〜土
端末故障時の対応 auショップ auショップ auショップ
初期費用(端末代を含む)  15,400円  19,400円  22,857円

*初期費用とは登録事務手終了(3,000円)以外にかかる端末代や代引き手数料、その他初期費用の合計

 

端末受取までの期間

  • 端末受取が早いのはUQ WiMAXとBroadWiMAX

UQ WiMAXとBroadWiMAXは最短即日発送ですが、BIGLOBEは書類が届いてから、「支払方法登録申込書」へ記入して返送し、審査(約1週間)をしてから端末の発送となります。
このため他2社に比べて受取はかなり遅くなります。
お得よりも早く使いたいという要望がある方は、UQ WiMAXかBroadWiMAXを申し込みしてください。

 

サポート

  • 故障時のサポートはどこも基本的に同じ
  • 端末の自然故障や自損による故障など、めったにありませんがそれゆえサポートは大切な要件です。
    これまで、故障はサポートセンターに連絡して端末を送ってましたが、今はどのプロバイダーでもお近くのau ショップでサポートが受けられます。
    従ってサポートはどのプロバイダでも互角で安心です。

  • 電話サポートはbroadwimaxが弱い
  • 受付が月〜土で、時間も11:00〜18:00と一番短かく、しかも有料電話というのが大きな難点です。

 

 

結論

  • UQ WiMAXは端末の受取が早いこと、電話サポートの時間帯が長いことが優位点
  • BIGLOBEは難点は端末受取に時間がかかること
  • Broadwimaxは初期費用が一番高く、難点は電話サポート

 

3. 口座振替でできる他のモバイルWiFiサービス

あなたはWiMAX以外に口座振替できるモバイルWiFiサービスがあるのをご存じでしょうか?
ここではWiMAX以外の口座振替できるモバイルWiFiがあれば合わせて検討したいという方のために、他のモバイルWiFiサービスを紹介します。
WiMAX以外は興味が無いよという方は読み飛ばして次の4.に進んでください。

 

口座振替可能なモバイルWiFiはWiMAX以外に3つあります。
WiMAの特徴は回線速度が早いことですが、これらのモバイルWiFiの特徴はソフトバンク回線などスマホが使う回線を使うのでサービスエリアが広くて繋がりやすいということです。
WiMAXのようなLTEプションはなく月額料金もWiMAXと同等かそれ以下で安く、なかには月間通信量と10GB/3日のような通信制限がないサービスもあります。

 

3.1 その他のモバイルWiFiサービス

ここでは、WiMAX以外のモバイルWiFiサービスで口座振替可能な、契約期間が2年プランの「NEXTmobil」e「どんなときもWiFi」、期間縛りの無い「SPACE WI-Fi」を紹介します。

 

3.1.1 NEXTmoible

ここがポイント!

  • 口座振替できるプランは30GBプラン
  • NEXTmoibleでは口座振替できるのは月間通信量30GBのプランのみです。
    30GBは1日あたり高精細度動画(HD)を1時間視聴できる容量で、かなりの動画マニアで無ければ十分な通信量です。

  • 通信制限無し
  • 月間通信量30GBを超えない限り、WiMAXのような10GB/3日のような通信制限はありません。

  • 月額料金は3,490円
  • 30GBプランの月額料金は3,490円(税別)で契約期間は2年です。

  • 回線はソフトバンク回線
  • 回線はソフトバンクのスマホが使っている回線でWiMAX2+よりつながりやすくカバーエリアの広いのが特徴です。
    WiMAXのように有料の「ハイスピードプラスエリアモード」オプションはありません。

  • 端末は2種類で無料
  • 端末は、2種類でモバイルタイプのFS030WとホームタイプのHT100LNです。
    共に下り最大150MbpsとWiMAX端末に比べると速度は遅いのですが、高速なWiMAX端末を使ってもWiMAX回線の実効速度は50Mbps程度なので下り最大150Mbpsで十分でしょう。
    端末は買取でキャンペーンで端末代金は無料です。

 

回線

ソフトバンク回線

月間最大通信量

30GB (口座振替)

通信制限

無し

契約年数

2年

月額料金(税抜)

初月
       3,490円の日割
1カ月〜
       3,490円/月

口座振替手数料 200円/月(税別)
データ端末

FS030W, HT100LN

端末代金

キャンペーンで無料

端末補償サービス

300円/月

事務手数料 3,000円(税別)

 

キャンペーン (2016年3月17日 〜 終了未定)

 

自宅外での仕事利用が主で、地下鉄走行中や新幹線の中などつながることを最優先する方におすすめです。

 

Next Mobileの公式サイト >>>   こちら 

 

3.1.2 SPACE Wi-Fi

民泊WiFiといわれるサービスで、民泊オーナーや民泊運営者が民泊の利用者に貸し出すモバイルWiFiで支払いはクレカと口座振替です。
ここがポイント!

  • 月額料金は3,680円
  • 月額料金は3,680円(税別)です。

  • 初期費用、事務手数料なし
  • 契約に当たって、初期費用、事務手数料はありません。

  • 契約期間の縛り無し,解約金無し
  • 契約期間の縛りはありません。1ヶ月間の最低利用期間が経過した後は違約金や解約手数料無しにいつでも解約できます。

  • 回線はWiMAX回線かソフトバンク回線
  • 回線は提供する端末に応じてWiMAX回線かソフトバンク回線になります。

  • 端末はWiMAX用とソフトバンク回線用のどちらかをレンタルで提供
  • WiMAX回線用のW04かソフトバンク回線のMobile Wi-Fi E5383sのどちらかがレンタルで無料提供されます。
    WiMAXのW04の場合は「ハイスピードプラスエリアモード」を利用できません。

  • 月間通信量は制限無し
  • WiMAXのギガ放題と同様に月間通信量に制限はありません。
    ただし、WiMAX回線は10GB/3日、ソフトバンク回線は3GB/1日で通信制限があります。

  • 高額な端末弁償金
  • 月額料金は3,680円と安いですが、端末の過失による故障や紛失、水没の場合は40,000円の高額な端末弁償金が発生します。
    端末保証(500円/月)に入ることをおすすめです。

 

回線

WiMAX またはソフトバンク回線

月間最大通信量

制限無し

通信制限

WiMAX 
 10GB/3日
ソフトバンク回線
 3GB/1日

契約年数

無し
(最低利用期間 1カ月)

月額料金(税抜)

初月
       3,680円の日割
1カ月〜
       3,680円/月

口座振替手数料 なし
データ端末

WiMAX用 W04
ソフトバンク回線用 Mobile Wi-Fi E5383s

端末代金

端末はレンタルで無料

端末保証

500円/月(税別)

事務手数料 なし
解約手数料 なし

 

キャンペーン (2016年3月17日 〜 終了未定)

 

1年程度の短期間利用や自由に他社サービスに乗り換えするために期間縛りが無いほうがよい人にお勧めです。

 

SPACE Wi-Fiの公式サイト >>>   こちら 

 

3.1.3 どんなときもWiFi

ここがポイント!

  • 3つのキャリア回線に対応
  • ソフトバンク、ドコモ、auの3キャリアのLTE回線に対応しています。接続時に最適な通信キャリアの回線を自動で選ぶのでカバーエリアが一番広くよりつながりやすいのが特徴です。

  • 月額料金は3,980円
  • 口座振替では月額料金は3,980円(税別)です。クレジットカードの場合は3,480円です。

  • 契約期間は2年
  • 契約期間は2年です。

  • 端末はD1のみ
  • 端末はD1のみでレンタルで提供されます。
    解約時は返却必須で、返却期日までに返却しない場合、返却時故障している場合は機器損害金18,000円を請求する場合があります。

  • 月間通信量や通信制限は無し
  • WiMAXのギガ放題と同様に月間通信量に制限はなく、さらにWiMAXのような10GB/3日の通信制限もありません。
    ただし、著しくネットワークを占有する大容量通信をした場合は、通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。

  • 機器損害金18,000円
  • 盗難、紛失、水没、全損の場合は機器損害金18,000円が発生します。
    あんしん補償は400円/月で、2年間で総額9,600円の端末保証費用を支払うことになります。ただし、盗難、紛失は対象外です。
    これくらいの弁償金なら補償に入らないという考えもありですね。

  • 海外利用もできる
  • 世界107ヵ国で利用できます。海外での利用料金は月額料金と別途にエリアに応じて1,280円/日または1,880円/日(非課税)です。
    海外用のモバイルWiFiは1日1,500円程度なので、こちらの方が割安です。

 

回線

トリプルキャリア対応
docomo、au、ソフトバンク

月間最大通信量

制限無し

通信制限

無し

契約年数

2年

月額料金(税抜)

初月
       3,980円の日割
1カ月目〜
       3,980円/月

口座振替手数料 200円(税別)
データ端末

 D1

端末代金

レンタルで無料

端末保証

あんしん端末補償 400円/月(税別)

事務手数料 3000円(税別)

端末受取時に代引きで支払う
代引き手数料300円

 

10GB/3日のような通信制限なしに通信量を気にしないで使いたい人や海外でも使いたいというかたにおすすめです。

 

どんなときもWiFiの公式サイト >>>   こちら 

 

3.2 利用年数毎にお得さを比較する

WiMAXの口座振替はどのプロバイダのサービスが一番お得なのかをWiMAX以外のサービスを交えて利用年数毎にそれぞれ比較しました。

3.2.1 1年間利用する場合の実質月額料金と総支払費用

1年間使う場合の実質月額料金と総費用をBIGLOBEとSPACE Wi-Fiを比較します。
SPACE Wi-Fiは期間縛りが無いので1年以内の短期利用もできます。

 

なお、SPACE Wi-Fiは端末がレンタルで故障、紛失、水没の場合は、40,000円(税抜)の高額な弁償金がかかるためあんしん端末補償加入(500円/月)に加入するものとします。
あんしん端末補償に加入した場合の月額料金は4,180円/月(3,680円/月+500円/月)税別となります。

 

1年利用の場合の実質月額料金と総支払費用

実質月額料金
(1年間の総支払費用)

差額

 SPACE Wi-Fi
 (期間縛り無し)
 あんしん端末補償加入

4,180 円/月  
(54,160 円)  

最安  

 BIGLOBE 1年
 ギガ放題(1年)
 キャッシュバック
 10,000円

4,827円/月  
(62,760 円)  

12,600 円  

(表中の「差額」はUQwimaxの最安値からの差額)

 

  • 1年利用ではBIGLOBEは割高
  • BIGLOBEは端末代が高額なので1年間利用の実質月額料金は4,827円/月と並みに割高です。
    「ハイスピードプラスエリアモード」オプションは使えますが、使った月はオプション料が1,005円かかりさらに費用がかかります。
    WiMAXにこだわらなければ1年利用でBIGLOBEを選ぶのは得策といえないでしょう。

  • 1年利用するならSPACE Wi-Fiがお得
  • 1年利用する場合、BIGLOBEよりもSPACE Wi-Fiが12,600 円お得です。さらに契約期間の縛りが無いので1年以内に解約金なしで解約できます。
    ただし、SPACE Wi-FiのWiMAX用の端末W04の場合は、「ハイスピードプラスエリアモード」オプションが使えません。
    「ハイスピードプラスエリアモード」の利用は必須という方はこれを考慮してください。

 

結論
1年利用するならSPACE Wi-Fiがおすすめ

 

3.2.2 2年間利用する場合

NextMobile(2年)、SPACE Wi-Fi(期間縛り無し)、どんなときもWiFi(2年)とWiMAXの2年利用でおすすめのBIGLOBE(1年)を2年間利用する場合の実質月額料金と総支払費用比較しました。
SPACE Wi-Fiはあんしん端末補償に加入した場合の月額料金は4,180円/月(3,680円/月+500円/月)税別で比較します。

 

2年利用の場合の実質月額料金と総支払費用

実質月額料金
(2年間の総支払費用)

差額

 NEXTmobile
 30GBプラン(2年)

3,810 円/月  
(95,250 円)  

最安  

 SPACE Wi-Fi
 (期間縛り無し)
 あんしん端末補償加入

4,180 円/月  
(104,500 円)  

9,250 円  

 どんなときもWiFi
 (2年)

4,300 円/月  
(107,500 円)  

12,250 円  

 BIGLOBE 1年
 ギガ放題(1年)
 キャッシュバック
 10,000円

4,516円/月  
(112,920 円)  

17,670 円  

(表中の「差額」は最安値のNEXTmobileからの差額)

 

  • 最安はNEXTmobile
  • WiMAXを2年利用する場合、最安はNEXTmobileです。BIGLOBEよりも17,670円もお得です。
    ただし、口座振替で申し込めるプランは月間通信料30GBのプランです。
    WiMAXも10GB/3日の通信制限に引っかからない月間通信料は約30GBなので十分な通信容量ですが、特に動画等を利用する人は避けた方がよろしいでしょう。

  • たっぷり使うなら「どんなときもWiFi」
  • どんなときもWiFiは最安のNEXTmobileよりは12,250円割高ですが、BIGLOBEよりは5,420円割安です。
    月間通信料と通信制限が無いので、動画など通信量が多い方向きです。

 

結論
2年間の利用はNEXTmoibleや「どんなときもWiFi」がおすすめ

 

3.2.3 3年間利用する場合

3年間利用する場合は期間縛りの無いSPACE Wi-FiとWiMAXの3年プランでおすすめのBroaWiMAXを比較します。
「NEXTmobile」と「どんなときもWiFi」は2年プランなので比較から除外します。

 

3年利用の場合の実質月額料金と総支払費用

実質月額料金
(3年間の総支払費用)

差額

 SPACE Wi-Fi
 (期間縛り無し)
 あんしん端末補償加入

4,180 円/月  
(154,660 円)  

最安  

 BroadWiMAX 
 ギガ放題(3年)
 キャッシュバック
 3,000円

4,351 円/月  
(161,009 円)  

6,349 円  

(表中の「差額」はUQwimaxの最安値からの差額)

 

  • SPACE Wi-Fiは最安
  • SPACE Wi-FiがBroadWiMAXより6,349円割安です。

  • BroadWiMAXはLTEオプションが無料
  • SPACE Wi-Fiは提供される端末がレンタルで解約する場合に返却が必要です。しかもWiMAX用のW04をレンタルされた場合はLTEオプションが使えません。
    BroadWiMAXはLTEオプションが無料で、端末は購入です。解約時に返却の必要がありません。
    料金が少し割高でもこの点でBroadWiMAXにアドバンテージがあります。

 

結論
3年間の利用はBroadWiMAXがおすすめ

 

4. WiMAX2+の端末選び

端末選びについては、次をご覧ください。

 

 >>> 端末選びのポイント

5. その他注意点

5.1 重要!初期契約解除

申し込む前に必ず確認を!

平成28年5月21日施行の改正電気通信事業法令により、WiMAXも「初期契約解除制度」(一種のクーリングオフ)の対象となりました。
契約書面の受領日か利用開始日の8日以内であれば無料で契約解除できます。ただし、申込手数料3,000円は戻りません。

 

端末を受け取ったら十分テストしてください。もし、満足しない場合は8日以内に契約解除しましょう。

 

詳細はこちら → 初期契約解除

 

口座振替できるプロバイダーは、BIGLOBE、UQ WiMAX、Broad WiMAXと3社ありますが、すべて初期契約解除できます。
申込み前に公式サイトやキャンペーンサイトで必ず確認してください。

 

初期契約解除で端末返却の際は配達完了証明を取る!

初期契約解除で端末は所定の期日内に返却しないと端末代を丸々取られます。
端末の返却トラブルに備えて、期日前にきちんと届くように余裕をもち発送することと、配達完了証明も取るようにしましょう。
価格comにBroad WiMAXで返却トラブルがあった例が掲載されているからです。

 

5.2 口座振替の審査に自信が無い人はどこに申し込む?

口座振替の申し込みにあたっては加入審査があります。過去に携帯電話の料金や電気などの公共料金の支払いが遅れた経験がある方や支払わなかった方は、審査が通らない可能性があります。
どのプロバイダが審査が甘いかは、噂話以上の確かな情報はありません。審査結果の理由も公開されておりませんので、審査に不安があってもとにかく申し込むことです。
審査結果が早くわかるのはUQ WiMAXとBroadWiMAXです。

 

5.3 お得な申し込みタイミングは?

BIGLOBE

BIGLOBEは初月無料なので、できるだけ初月の無料期間を長く使えるように申し込むのがポイントです。
申し込みから端末受取まで2週間以上かかるので、端末到着日が月初になるように月末の10日前頃から月初に申し込むのがコツです。

 

UQ WiMAXとBroadWiMAX

初月は日割でなので何時申し込みしても問題ありません。

 

5.4 WiMAXのビジネス利用

WiMAXの利用が初めてでWiMAXを主に仕事で使う方おられると思います。もし、通勤中の地下鉄、カフェや仕事の打ち合わせ先、地方都市への出張や、新幹線、高速バス、電車などで使うことが多い場合は、これらの利用環境ではWiMAXがスマホに比べて繋がらない、繋がり難いことがあります。
このような場合、WiMAXのハイスピードプラスエリアモードでカバーはできますが7GB/月という制約があり、これを超えるとハイスピードモードまで制約を受けて通信速度が激遅になります。
ビジネスでWiMAXの利用は大丈夫かどうか十分検討した方がよろしいでしょう。

 

これについて気になる方はこちらご覧ください!
→  WiMAXのビジネス利用

6. まとめ

6.1 BIGLOBE
WiMAXを2年利用でおすすめ

 

 

口座振替で10,000円のキャッシュバック

2年利用で口座振替で10,000円のキャッシュバックがあります。

キャッシュバックは利用開始月の翌月

キャッシュバックの受取は6利用開始月の翌月です。

WiMAXの2年利用ならUQ WiMAXよりおすすめ

UQ WiMAXの3,000円キャッシュバックキャンペーンでは人気の端末W06が選べません。
BIGLOBEはUQ WiMAXの3,000円キャンペーンより少しより高いだけで人気の端末W06を選べのでおすすめです。

 

 こんな人におすすめ
 → WiMAXを人気端末W06で2年間使いたい人

 

 BIGLOBEWiMAXの詳細は >>> こちら

 

 BIGLOBE WiMAX2+ のキャンペーンサイトは >>>   こちら 

6.2 Broad WiMAX
Broad WiMAX 3年利用ならおすすめ!

 

 

3年間の総費用は最安級

3年間の総費用は最安であるUQ WiMAXの3,000円キャッシュバックキャンペーンに比べてたった109円高いだけです。ほぼ最安と言えます。

一番人気の端末W06が選べる

総費用は最安級でかつ一番人気の端末W06が選べます。

「ハイスピードプラスエリアモード」オプション料が無料!

BroadWiMAXの3年プランは「ハイスピードプラスエリアモード」オプション料が無料です。UQ WiMAXやBIGLOBEの場合は有料です。
だからオプション料金を気にしないで使えます。

 

 こんな人におすすめ
 →   WiMAXを3年間お得に使いたい人

 

 Broad WiMAXの詳細は >>> こちら

 

 Broad WiMAXの公式サイトは >>>   こちら 

 

6.3 UQ WiMAX
端末の受取が早い!

 

 

サポートが手厚い

年中無休でサポート時間も長く、WiMAXのサービス本家なのでこれ以上のサポートは考えられません。

端末の受取が早い!

端末は2日〜で早く受け取りできます。

キャッシュバックキャンペーンはおすすめしない

3,000円のキャッシュバックキャンペーンでは人気端末W06が選べません。在庫処分で3,000円のキャッシュバックはお得とは言えません。

 

こんな人におすすめ
 →  サポートを重視する人や端末を早く受け取りたい方

 

 UQ WiMAXの詳細は
  こちら

 

口座支払は下記の公式サイトからお申し込み下さい。
【公式】UQ mobile・UQ WiMAX >>>   こちら 

 

6.4 SPACE Wi-Fi

 

数ヶ月から1年程度の短期利用に最適

期間縛りがなく、登録手数料、解約金も無く月額料金のみで、最低利用期間は2カ月です。

月間通信量に制限無し

WiMAX2+のギガ放題と同じく月間通信量に制限はありません。

端末はWiMAMX2+かソフトバンク回線用でレンタル

端末はWiMAMX2+かソフトバンク回線用のどちらかがレンタルで提供されます。

 

 こんな人におすすめ
 → 期間縛りはゴメンという方やビジネス等で短期間利用したい人

 

 SPACE Wi-Fiの詳細 >>> SPACE Wi-Fi

 

 SPACE Wi-Fiの公式サイト >>> SPACE Wi-Fi

 

6.5 NEXTmoible


 

2年利用なら最安

2年利用ならWiMAXより17,670円もお得です。

繋がりやすいソフトバンク回線の使用で仕事利用が安心

繋がりやすいソフトバンク回線なので、スマホと同じく高速バスや新幹線などの移動中やビル内でのビジネス利用が安心です。
WiMAXの「ハイスピードプラスエリアモード」ようなオプションはありません

口座振替で30GB

口座振替で申し込めるのは30GBプランだけですが、動画マニアでないなら仕事に十分使える30GBです。

 

 こんな人におすすめ
 → WiMAXにこだわらないでビジネスに2年程度使いたい人

 

 NEXTmoibleの詳細 >>> NEXTmoible

 

 NEXTmoibleの公式サイトはこちら >>> NEXTmoible

 

6.6 どんなときもWiFi


 

たっぷり使うならおすすめ

月間通信量に制限は無いだけで無く、10GB/3日などの通信制限もありません。

安定受信とカバーエリアの広さ

docomo、au、ソフトバンク回線の3キャリアを利用する場所で自動的に選んで接続するので単一回線を利用するのに比べてカバーエリアが緻密で広く通信が安定します。
高速バスや新幹線などの移動中やビル内でビジネスに利用するのが安心です。

海外利用もできる

この端末だけで世界107カ国で使えるので、海外に行くことの多い人には別途WiFiを借りなくて済むのでとっても便利です。

 

 こんな人におすすめ
 → たっぷり使いたい人

 

 どんなときもWiFiの公式サイトはこちら >>> どんなときもWiFi