2018年12月3日 更新

WiMAXの口座振替に関しては、ネットのいろんなサイトで情報提供されています。
口座振替で申し込もうとしているあなたは、すでにいくつかのサイトを見てこられたと思います。

 

あるサイトでは、BIGLOBEがおすすめ、別のサイトではUQ WiMAXがおすすめといってます。

 

全く違う主張ですが、いったいどちらの主張を選ぶべきでしょうか?
また、次のようなBIGLOBEについては選定に関わるとっても重要な情報が記載されていますが、これらは全て古い情報や間違った情報です。

  • デメリットは途中解約時の「端末代の請求」
  • キャッシュバックは契約してから13ヵ月後
  • 振替口座登録は郵送でやり取り
  • ルーターが届くまでに最短10日
  • 「契約後にアンケートに答えるだけで、サービス開始の12カ月後に自動的に振替払出証書が送られて来る」

 

例えば、BIGLOBEは現在は途中解約しても違約金以外に「端末代の請求」なんてありません。これはかなり古い情報です。
このような情報に基づいてWiMAXのプロバイダを選ぶと後悔することになるかもしれません。

 

当サイトでは2010年よりWiMAXとEMOBILE(現Y!mobile)を4つのプロバイダを乗り換えて使ってきた管理人が長年の利用経験を踏まえて、あなたの利用に最適かでお得なプロバイダを十分納得して選べるように最新の情報とそれにもとづくお得さの比較結果を提供しております。

 

WiMAX口座振替のプロバイダー選びにお役に立てれば幸いです。

 

1. WiMAXの最新ニュース!

WiMAX HOME 01
■ 2018年12月 下り最大440Mbpsの据え置き型ルーター「WiMAX HOME 01」のリリースを公表

 

     HOME01

 

NECプラットフォームズから「Speed Wi-Fi NEXT WX05」に引き続いてWiMAXハイパワーとワイドレンジアンテナで接続性が向上した据え置き型ルーター「WiMAX HOME 01」が発表されました。
12月上旬から発売開始予定です。

 

■ 2018年11月8日 下り最大440Mbpsモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の発売開始

 

     wx05

 

NECプラットフォームズから「Speed Wi-Fi NEXT WX04」の後継機である「Speed Wi-Fi NEXT WX05」が、2018年11月8日よりUQ WiMAX、機種変更受付ページ、およびMVNO各社にて取扱いを開始しました。「Speed Wi-Fi NEXT WX05」はWiMAXハイパワーでつながりやすいのが特徴です。

 

端末選びについては、後述の「4. WiMAX2+の端末選び」をご覧ください。

2. 口座振替で申し込めるWiMAXの
12月のキャンペーンと月額料金!!

プロバイダ選びで気になる重要ポイントはどれが最安かですが、それに大きく影響しているのがキャンペーンで提供されるキャッシュバックや月額料金割引の特典です。
早速、12月のキャンペーンをさらっと見ましょう。

 

口座振替で申し込めるプロバイダーはBIGLOBE、UQ WIMAX、Broad WiMAXの3つです。
Broad WiMAXについて触れていないサイトもありますが、口座振替できます。お間違いなく!

 

2.1 BIGLOBE

BIGLOBE WiMAX

  • 口座振替で特典A15,000円のキャッシュバックまたは特典B月額料金大幅値引き
  • 特典Aのキャッシュバックは口座振替だとクレカ(30,000円)の半額(15,000円)です。
    がっつりお得に使いたい人は受取は後になりますがキャッシュバックを、すぐに特典を使いたい人は月額料金大幅値引きがおすすめです。

  • 2年プランは申込手数料3,000円が無料
  • 2年プランは申込手数料3,000円が無料なので、さらにお得です。

  • 端末受取時に代引きで端末代5,100円が発生
  • 口座振替では宅配便で端末を受け取り時に端末代金4,800円と代引き料金300円の計5,100円(税抜)+消費税を支払います。

  • 端末代は実質無料
  • 最初に支払った端末代金4,800円の相当額を24ヶ月間月額料金から200円割引するので、最初の24ヶ月間は月額料金がUQ WiMAXに比べて200円割安です。
    これにより端末代は実質無料となります。

  • キャッシュバックの支払は6カ月後
  • キャッシュバックの支払は、クレカの場合13カ月後ですが口座振替は6カ月後早いのでしびれを切らさないで受け取れます。

キャンペーン (218年12月3日〜2019年1月10日)

 

BIGLOBE WiMAX2+ のキャンペーン公式サイト
>>>
   こちら 

 

 

2.2 UQ WiMAX

UQ WiMAX

  • ギガ放題3年プランで最大10,000円のキャッシュバック
  • W05/WX04/L01s : 10,000円
    WX05 : キャッシュバックなし
    11月に発売された最新端末WX05はキャッシュバックなしです。

  • 端末代金は1,100円と少なめ
  • 端末を受け取り時に代引きで端末代金(800円)+代引き手数料(300円)で合計1,100円支払います。

  • キャッシュバックの支払は契約月の翌々月
  • キャッシュバックの支払はどのプロバイダーよりも一番早い2カ月後です。

キャンペーン (2018年12月3日〜)

 

UQ WiMAXのキャンペーン公式サイト
>>>
    こちら 

 

2.3 Broad WiMAX

Broad WiMAX

  • 端末は最短即日発送
  • 加入審査が早く端末は最短で即日発送です。

  • 店舗受取サービスで即日利用可
  • 首都圏と大阪の方に朗報!Web申込み後に店舗(渋谷、秋葉原、大宮、梅田)で口座振替手続きと端末受取ができます。

  • 月額料金は最安だが、端末受取時の費用が22,257円と高い
  • 次表に示すように月額料金はどこよりも最安ですが、月額料金を少なくするための調整で高額の初期費用が発生します。
    このため、端末を受け取り時に初期費用18,256円と事務手数料(3,000円)および代引手数料(400円)、合計22,257円を支払います。

キャンペーン (〜終了未定)

 

3. WiMAX口座振替のお得なプロバイダ選び  おすすめは?

口座振替のプロバイダー選びは、BIGLOBEをおすすめする意見とUQ WiMAXをおすすめする意見があります。
それぞれは、1年間の実質費用と実質月額料金で比較しているので、そのままでは単純に比べることができません。
そこで、実質月額料金を12倍して1年間の実質費用に換算すると基準がそろいます。
驚いたことにBIGLOBEが最安であるという主張と、UQ WiMAXとBIGLOBEの費用はほぼ互角という主張は、まるで違っていることがよくわかります。

 

一体どっちを信じたらいいんだろう?


 

これでプロバイダ選びに困っていませんか?困っているという方は先におすすめください。

 

このサイトではこの問題に終止符をつけるべく、分かりやすいキチッと解説します!

 

3.1 プランはギガ放題を選ぼう!

まず最安を比較をする前にプランについてお話しします。
ご存じのようWiMAXには月間通信量に制限がないギガ放題と月間通信量が7GBまでのツープラスのプランがあります。
本来自分の想定する月間通信量でどちらにするか選ぶところですが、当サイトは
  ギガ放題を強くおすすめ
します。

 

理由は次です。

  • 状況に合わせてギガ放題と7GBまでのツープラスを違約金なしで相互に何回でもプラン変更できる
  • 自分は利用料が少ないと思っても実際に使ってみないとわからないものです。
    月間通信量に制限のないギガ放題で契約して実際の通信量を把握し、利用が少ない時などはツープラスに切り替えて月額料金を節約するが賢い使い方です。

  • UQ WiMAXはギガ放題にだけキャッシュバックがある
  • キャンペーンはギガ放題だけなので、7GBまでしか使わなくともギガ放題で契約してキャッシュバックをもらってから7GBのプランに変更するほうが絶対お得です。

 

当サイトは以後ギガ放題プランを前提として話をすすめます。

 

7GB以下の使用量のユーザーにはWiMAX以外の選択肢が
絶対に7GB以下しか使わない方には、実はWiMAX以外の選択肢があります。
その一つにデータ通信用の格安SIMとSIMフリースマホを組み合わせてモバイルWiFiルーターとして使う方法があります。
音声通話ができるる格安スマホはクレカのみの申し込みですが、データ通信専用で契約する格安スマホは口座振替で申し込みできます。
この方法だと実はWiMAXより安く使えます。それについては別途触れることにします。

 

3.2 WiMAX口座振替のお得さを比較 本当に最安のプロバイダーはどれだ?

ここから、いよいよ本題です。
対立する意見の争点は次です。

  • BIGLOBEは1年間の実質費用が最安
  • UQ WiMAXとBIGLOBEの実質月額料金が互角

比較基準が1年間の実質費用と実質月額料金なので、そのままでは単純に比較できませんが基準をどちらかに統一すると意見の違いがよくわかります。
例えば、実質月額料金の結果を12倍して1年間の実質費用にします。
比較してみると両者は全く異なる計算結果であることがよくわかります。興味のある方は、実際に計算して比較してください。

 

1年間の実質費用などについては、どんな計算式を使っているか詳細が明らかでないので追求しても始まりません。
当サイトでは契約期間(2年間、3年間)の総支払費用で比較します。計算式は次です。

 

[総支払費用の計算式]
2年プランや3年プランの総支払費用と実質月額料金の計算では月額料金端末代金登録手数料だけでなく端末受取時の代引き手数料口座振替手数料など、支払う全ての費用とそれから差し引くキャッシュバックを計算に入れます。

 

月額料金は、プロバイダーにより初月〜3カ月、4カ月〜24カ月、25カ月〜36カ月と期間で異なるので、それを計算式に組み込んで計算します。
プロバイダーは初月を契約月数に入れないませんが、ここでは初月を含めて総支払費用を計算します。
初月を含めると契約期間は、2年契約なら25カ月、3年契約なら37カ月で計算します。

 

総支払費用 (2年プラン)
= 端末代金+代引き手数料+登録手数料(3,000円)
+ (初月〜2カ月の月額料金+口座振替手数料)×3カ月
+ (3カ月〜24カ月の月額料金+口座振替手数料)×22カ月
− キャッシュバック

 

総支払費用 (3年プラン)
= 端末代金+代引き手数料+登録手数料(3,000円)
+ (初月〜2カ月の月額料金+口座振替手数料)×3カ月
+ (3カ月〜24カ月の月額料金+口座振替手数料)×22カ月
+ (25カ月〜36カ月の月額料金+口座振替手数料)×12カ月
− キャッシュバック

 

実質月額料金=総支払費用/契約プランの月数(25カ月、または37カ月)

 

結論
BIGLOBEかそれともUQ WiMAXか?当サイトの結論は次です。

  • 口座振り替えできるプロバイダーは3社あるが、基本はBIGLOBEかUQ WiMAXの二者択一
  • BIGLOBEは安いが、選ぶ端末により無条件に最安とは限らない
  • 2年プランと3年プランどちらかのプランに決めて端末を選び、BIGLOBEかUQ WiMAXか総合的にベネフィットのある方を選ぶ
  • 2年プランはWiMAX以外でもOKなら選択肢は2つ増える

これについて以下で具体的に説明しす。

 

3.2.1 ギガ放題2年の実質月額料金と総支払費用

2年プランは契約期間が短いので、お試し的な利用や将来的にWiMAX以外の別サービスへの乗り換えを考えている人向きのプランです。
WiMAX以外の口座振替可能なモバイルWiFiサービス、SPACE WI-FiとNEXTmobileも比較しています。

 

SPACE Wi-Fi
民泊WiFiといわれるサービスで、民泊オーナーや民泊運営者が民泊の利用者に貸し出すモバイルWiFiで支払いはクレカと口座振替です。
端末はWiMAXのW04かソフトバンク回線のMobile Wi-Fi E5383sのどちらかがレンタルで提供され、ギガ放題と同様に月間通信量に制限はありません。
契約期間の縛りがなく、利用開始後2カ月以降であれば違約金なしでいつでも解約できるのが最大の特徴です。
一般の方も利用可能で、いつでも違約金無しで解約できるので数ヶ月から1年程度までの短期利用にはぴったりです。

 

NEXTmoible
回線はソフトバンク回線のスマホが使っている回線でWiMAX2+より安定でつながりやすく、カバーエリアの広いのが特徴です。
契約期間は2年で、口座振替できるのは月間通信量30GBのプランのみですが、動画などはほとんど見ないが7GBでは不安という方には月間通信量30GBは余裕の通信量です。
端末は買取ですがキャンペーンで無料です。
自宅外での仕事利用が主で、地下鉄走行中や新幹線の中などつながることを最優先する方におすすめです。

 

では、さっさと先に進みましょう。

 

表 ギガ放題2年の実質月額料金と総支払費用

実質月額料金
(2年間の総支払費用)

差額

 BIGLOBE
 キャッシュバック
 15,000円
 WX03

3,754 円/月  
(93,850 円)  

最安

 BIGLOBE
 月額料金値引き
 WX03

4,018 円/月  
(100,450 円)  

6,600 円  

 UQ WiMAX
 キャンペーン無し
 W05,WX04

4,581 円/月  
(114,548 円)  

20,698 円  

 SPACE WI-Fi
 WiMAX以外 (参考)
 W04,E5383s

3,480 円/月  
(87,000円)  

-6,850 円  

 NEXTmobile
 WiMAX以外 (参考)
 FS030W,HT100LN

3,810 円/月  
(95,250円)  

1,400 円  

(表中の「差額」は最安からの差額)
 
計算の詳細をトレースするにはこちらを参照
→ ギガ放題2年の実質費用詳細

 

2年プランのまとめ

  1. 2年プランで最安を選ぶならBIGLOBE
  2. UQ WiMAXは口座振替費用が無料ですが、キャンペーン対象外のため特典がありません。
    BIGLOBはキャッシュバック15,000円で事務手数料が無料なので、口座振替費用200円/月があってもUQよりも2年間の総支払費が20,698 円もお得です。
    最安で選ぶならBIGLOBEです。

  3. WiMAX以外なら、SPACE Wi-FiやNEXTmobileも選択肢
  4. WiMAX以外にSPACE Wi-FiとNEXTmobileがありますが、SPACE Wi-FiはBIGLOBEより安く、NEXTmobileは互角です。
    WiMAXにこだわらなければ、これも選択肢の一つでしょう。

  5. 最新端末WX05、W05を使うならUQ WiMAXかBIGLOBEの3年プランを選ぶべし
  6. BIGLOBE2年プランの端末WX03はau 4G LTEをサポートしない製品です。下り最大速度は440Mbpsと最新端末WX05と変わりませんが
    やっぱり「端末はau 4G LTEをサポートする最新端末WX05、W05を使いたい」というは、費用が高めのUQ WiMAXの2年プランを選ぶか、3年プランのBIGLOBEを選んでください。
    UQ WiMAXの2年プランはキャンペーン対象ではないので、UQ WiMAXの公式サイトでどうぞ。

 

au 4G LTEは絶対必要か?
au 4G LTEが使えるハイスピードプラスエリアモードはWiMAXが圏外のときに使うモードで、あると便利です。
しかし、2年プランでは有料です。たった1回の利用でもその月は1,005円/月かかります。はっきりいって圏外のレスキューで使うには高すぎます。
この料金の高さゆえに、管理人はハイスピードプラスエリアモードは使いません。
使っている格安スマホは無料でテザリングできるので、WiMAXが繋がらないときに短時間の接続ならテザリングで済ませています。
テザリングのような代替え手段が使えるなら、2年プランでわざわざ有料のハイスピードプラスエリアモードを使う必要はありません。
ちなみに格安スマホとWiMAXの組み合わせはコスパに優れた最強の組み合わせです。


 

3.2.2 ギガ放題3年の実質月額料金と総支払費用

現在、各社販売を強化しているのがハイスピードプラスエリアモードが無料の3年プランです。
これまでは2年プランが標準でしたが、2年で乗り換えされたくないというプロバイダーの思惑で、このプランが事実上のメインプランとなりました。

 

そして、BIGLOBEおすすめとUQ WiMAXおすすめの対立となっているのが、このギガ放題3年プランです。
ここはしっかりと見てください。

 

表 ギガ放題3年の実質月額料金と総支払費用

実質月額料金
(3年間の総支払費用)

差額

 BIGLOBE
 キャッシュバック
 15,000円
 WX05、W05、L01s

4,102円/月  
(151,810 円)  

最安

 UQ WiMAX
 キャッシュバック
 10,000円
 W05、WX04、L01s

4,165 円/月  
(154,108 円)  

2,298 円  

 BIGLOBE
 月額料金大幅値引き
 WX05、W05、L01s

4,281 円/月  
(158,410 円)  

6,600 円  

 Brod WiMAX
 キャッシュバックなし
 WX05、W05、L01s

4,351円/月  
(161,009 円)  

9,199 円  

 UQ WiMAX
 キャッシュバックなし
 WX05

4,435 円/月  
(164,108 円)  

12,298 円  

(表中の「差額」は最安値からの差額)

 

3年プランのまとめ

  1. 最新型の端末WX05やW05を使うならBIGLOBEが最安
  2. UQ WiMAXは最新型の端末WX05にはキャッシュバックがなく、W05はキャッシュバック5,000円です。
    最安にはこれがストレートに効くので、最新型のWX05やW05を使うなら断然BIGLOBEが最安です。

  3. 端末がW05、WX04や据え置き型のL01sならBIGLOBEとUQ WiMAXはお得さはほぼ互角
  4. BIGLOBEがUQに比べて3年間の総支払費用で2,298円お得で、実質月額料金にする63円/月割安です。
    UQ WiMAXをおすすめすすサイトでは、UQ WiMAXが実質月額料金にして22円お得となっていますが、当方の計算結果とはわずかに合いません!
    ただし、この程度であればBIGLOBEとUQWiMAXはお得さはほぼ互角と言って良いでしょう。。

 

W05、WX04や据え置き型のL01sの場合はお得さが互角の理由
UQ WIMAXが2,298円割高なのにお得さが互角とはおかしいと思ったかもしれませんね。
だって、BIGLOBEのキャッシュバックはUQ WiMAXよりも5,000円も多いのにです。
それは、実質料金の比較でUQは月初の1日から利用開始という前提で初月料金を計算しているからです。
UQの初月料金は日割りなのd、月中の15日から利用開始するとUQは総支払費用にして450円割高となり、月中以後に利用開始すると今度はUQ WiMAXの総支払費用がBIGLOBEより安くなります。
つまり、UQの総支払費用は利用開始日により変動します。

 

そこで、変動する初月を除いた36カ月間の総支払費用で比較してみます。

実質月額料金
(3年間の総支払費用)

差額

 BIGLOBE
 キャッシュバック
 15,000円
 WX05、W05、L01s

4,216円/月  
(151,810 円)  

最安

 UQ WiMAX
 キャッシュバック
 10,000円
 W05、WX04、L01s

4,178 円/月  
(150,412 円)  

-1,398 円  

 

今度は、わずかですがUQ WiMAXがBIGLOBEより1,398円お得になります。
このからくりは、UQ WWiMAXに口座振替手数料200円がないことです。これにより、36カ月ではBIGLOBEに比べて7,200円もお得です。
つまり、計算の仕方で結果が逆になってします。これが、意見の対立の原因です。

 

3.3 お得以外の考慮すべき条件 どのプロバイダーが有利?

プロバイダ選びで最安は重要なポイントですが、最安だけで選んでしまうとおもわぬ落とし穴にはまってしまいことがあります。
費用以外に選定で考慮すべき要件として重要なのは、キャッシュバックの受け取りやすさやキャッシュバックや端末受取までの日数、そして故障時のサポートです。

 

表 費用以外の考慮すべき条件の比較

UQ WIMAX BIGLOBE Broad WiMAX
キャッシュバックの
受け取りまでの日数
 2ヶ月後メールで案内  6ヶ月後メールで案内
キャッシュバックの
受け取り易さ
×
キャッシュバックの
振替口座の登録
 Web  Web、書類郵送 書類郵送
端末受け取りまでの日数  2日〜4日  4日〜10日 最短即日発送、店舗受取可
電話サポート 無料電話 9:00〜21:00 年中無休 無料電話 9:00〜18:00 年中無休 有料電話 11:00〜18:00 月〜土
端末故障時の対応 auショップ auショップ auショップ
初期費用(端末代を含む)  1,100円  5,100円  22,857円
口座振替手数料  無料  200円/月  200円/月

 

BIGLOBEはキャッシュバックの受取やすい
キャッシュバックは受取までの期間以上に受け取りやすさが重要です。
BIGLOBEは「契約後にアンケートに答えるだけで、サービス開始の12カ月後に自動的に振替払出証書が送られて来る」と記載するサイトがありますが、これはかなり古い情報です。信用してはいけません。
現在は次です。
UQ WiMAX
 2カ月後に送信されるキャッシュバック受取の案内メールに記載されたURLのページからキャッシュバックの受取口座を登録して受け取ります。
 メールを見逃してしまうと受取口座を登録できないのでキャッシュバックの受取手続きができません。
 (サポートに電話で確認済み)
BIGLOBE WiMAX
 サービス開始翌月を1カ月目として6カ月目に「連絡先メールアドレス」宛に受け取りの案内連絡が来ます。
 キャッシュバック受取の案内メール受信後45日以内に、BIGLOBEのマイページで振込希望の金融機関の口座の情報を登録して受け取ります。
 マイページでの受取口座登録はサービス開始翌月から6カ月目(キャッシュバック対象月)の2日午後より可能となります。
 カレンダー等に6カ月後のキャッシュバック対象月の2日をキャッシュバック手続き開始日と記入しておけば、
 メールを見逃しても45日以内にBIGLOBEマイページで手続すればキャッシュバックを受け取れます。

 

メールを見逃してキャッシュバックを受け取れなかったという事故が以外とあります。
キャッシュバック受け取りやすさではBIGLOBEが断然有利です

 

UQ WiMAXは端末受取とキャッシュバックの期間が短い
申し込みしてからできるだけ早く端末を受け取りたいものです。
端末受取期間は表の通りですが少し説明を加えます。
UQ
申込時にWEBで口座情報を登録すると端末の発送手続きを行うので最短2日〜4日で端末を受け取れます。
BIGLOBE
申し込み後2日〜1週間で「会員証」と「支払い方法登録申込書」が郵送で届きます。
口座情報の登録は、「支払い方法登録申込書」に記入して返送するか、WEBの
 https://support.biglobe.ne.jp/jimu/keiyaku/paychg/touroku_bank.html
より行い、それが完了すると発送となります。(サポートに確認済み)
最短10日〜と記載するサイトがありますが、これは間違いです。
会員証の受取までの日数がかかる分がUQより受取が遅くなりますが、概ねUQより数日遅いだけです。
BroadWiMAX
最短即日発送なので、宅配での受取はUQと同じくらい期間ですが、首都圏や大阪では店舗で口座振替の手続きや端末の受取ができるので、UQより少し早く受け取れます。
受取までの期間は、 BroadWiMAX<UQ WiMAX<BIGLOBE WiMAX  となります。
キャッシュバックの受取は、表に示すとおりUQ WiMAXが2カ月後、BIGLOBE WiMAXが6カ月後です。
まとめるとUQ WiMAXはBIGLOBEに比べて、端末とキャッシュバックの受取までが短く有利です。

 

電話サポートはbroadwimaxが弱い
BroadWiMAX
受付が月〜土で、時間も11:00〜18:00と一番短かく、しかも有料電話というのが大きな難点です。

 

端末故障時の対応はauショップ
WiMAXは使い方が簡単なので、技術的なサポートを受けることはほとんど無いでしょう。
管理人もこれまで長く使ってきて一度も技術サポートを受けたことがありません。
一番重要なのは端末が故障したときの対応ですが、スマホと同じす基本的にすべてauショップでサポートが受けられまます。
UQ WiMAX
 14日以内 UQお客様センターへ問い合わせ
 15日以後 近くのauショップへ持ち込み
BIGLOBE WiMAX
 故障や修理はauショップで対応
BroadWiMAX
Broadサポートセンターまたはauショップでの修理対応
まずはBroadサポートセンターまで問合せの上、端末の状況を申告
修理対応について案内がある

 

Broad WiMAXは端末受取時に支払う初期費用が高い
表のようにBroad WiMAXは口座振替の場合、登録手数料以外に高額な初期費が取られます。

 

振替口座の登録はBIGLOBEは郵送のみは間違い
振替口座の登録はUQがWebから、BIGLOBEはWebと書類郵送のどちらかを選べます。
BIGLOBEは郵送のみは間違い」です!
BIGLOBEは郵送でもできますが、送られた会員証のIDとパスワードでWebから登録できます。Webから登録できるのであればWeb登録が早いのでおすすめです。
BIGLOBEの振替口座登録の説明と登録するサイトは次です。
  https://support.biglobe.ne.jp/jimu/keiyaku/paychg/touroku_biglobe2.html
  http://support.biglobe.ne.jp/jimu/keiyaku/paychg/touroku_bank.html

 

BIGLOBEの途中解約時の「端末代の請求」は間違い
途中解約すると端末代の残債請求がってこれがデメリットであるというサイトがありますが間違っています。
公式サイトには「途中解約すると端末代請求」のような記述は一切ありません。
そもそも端末受取時に端末代金4,800円を支払っているのに中途解約で端末代の残債請求するのはおかしいでしょう!

 

 

結論

  • BIGLOBEはキャッシュバックの受け取りやすさが大きな優位点!
  • UQ WiMAXは端末やキャッシュバックの受取が早いこと、電話サポートの時間帯が長いことが優位点
  • Broadwimaxは店舗での端末受け取りが優位点

 

BIGLOBEは口座振替を辞める可能性がある?
BIGLOBEは口座振替を辞める可能性があるという見方がありますが、管理人はそう思いません。
BIGLOBEが口座振替を辞めたらクレジットカードのみとなって、ここは激戦区なのでBIGLOBEはユーザーを獲得するのがかなり大変です。
口座振替を簡単に辞めるとは思えません。
もし、口座振替を辞めるとしても契約途中で口座振替を中止することはありません。契約更新で口座振替ができなくなります。
その時は多少手間でも他に乗り換えすればいいでのはないでしょうか?
辞める可能性があるからといって、お得なキャッシュバックを諦めることはないでしょう。


 

3.4 注意点

最後に注意点です。

3.4.1 ちょっと待て WiMAXのビジネス利用

WiMAXの利用が初めてでWiMAXを主に仕事で使う方おられると思います。もし、通勤中の地下鉄、カフェや仕事の打ち合わせ先、地方都市への出張や、新幹線、高速バス、電車などで使うことが多い場合は、WiMAXの利用で大丈夫かどうか検討した方がよろしいです。
理由は、これらの利用環境ではWiMAXがスマホに比べて繋がらない、繋がり難いことがあるからです。

 

これについて気になる方はこちらご覧ください!
→  WiMAXのビジネス利用

 

3.4.2 口座振替の審査に自信が無い人はどこに申し込む?

口座振替の申し込みにあたっては加入審査があります。過去に携帯電話の料金や電気などの公共料金の支払いが遅れた経験がある方や支払わなかった方は、審査が通らない可能性があります。
どのプロバイダが審査が甘いかは、噂話以上の確かな情報はありません。審査結果の理由も公開されておりませんので、審査に不安があってもとにかく申し込むことです。
申し込みは審査結果が早くわかるUQ WiMAXから始めることを強くおすすめします。

 

3.5 まとめ

以上、最安、お得さという費用面だけで無く、考慮要件も比較検討しました。これらを総合的に判断すると次の結論となります。
2年プラン

  • WiMAX初心者で長期縛りを避けたいならBIGLOBEギガ放題2年プランがおすすめ
  •  2年プランなら圧倒的安さでBIGLOBEです。
     ただし、端末はWX03なのでハイスピードプラスエリアモードは使えません。それでよければという条件付きです。

  • 2年プランでWiMAXにこだわらなければ、お試し利用や短期利用でSPACE Wi-Fi
  •  BIGLOBEより安く、2カ月以後は解約金無しでいつでもやめられます。

  • ビジネス利用でつながりやすさとカバーエリアを重視するならソフトバンク回線のNEXT mobileもあり
  •  地下鉄や新幹線、高速バスなど移動中に使うことが多い人、主に仕事で使う人には、つながりやすさとカバーエリアの広さでおすすめです
     WiMAXのハイスピードプラスエリアモードのように7GBの通信量をまったく気にせず使えます
     ただし、通信量が30GBなので動画をよく見る人にはおすすめしません

 

3年プラン

  • 最新端末のWX05を使うならBIGLOBEが最安でおすすめ
  •   BIGLOBEは最安だけで無くキャッシュバックも受け取りやすいのがおおきなポイントです。

  • W05、WX04や据え置き型のL01sはキャッシュバックや端末受取の早さを重視するならUQ WiMAX
  •  W05、WX04や据え置き型のL01sWX04や据え置き型のL01sは支払費用はBIGLOBEとUQ WiMQXは互角です。

  • W05、WX04や据え置き型のL01sはキャッシュバックの受け取りやすさで選ぶならBIGLOBE
  •  キャッシュバックや端末受取の早さよりキャッシュバックの受け取りやすさを重視するならBIGLOBEです。

 

3.5.1 BIGLOBE
  • 2年プランと端末WX05やW05で3年プランをお得に使うならBIGLOBE WiMAX
  • 最新端末WX05やW05を使うならBILOBEが最安

  • おすすめの特典はキャッシュバックで、受け取りやすさも大きなアドバンテージ
  • すぐ特典が利用できる月額料金大幅割引もあるが、6,600円割高なので、お得さなら15,000円のキャッシュバック
    うっかりキャッシュバックの案内メールを見逃しても6カ月後の2日からマイページで受取口座を登録すればバッチリ受け取れます。

BIGLOBE WiMAX2+ のキャンペーン公式サイト
>>>
   こちら 

 

3.5.2 UQ WiMAX
  • WX04やL01sならUQ WiMAXの3年プラン
  • BIGLOBEとお得さは互角だが、端末やキャッシュバックの受取が早く、サポートが手厚いのが魅力

  • 口座振替の審査に不安があるなら審査の早いUQ WiMAXから申し込むのが一番
  • 審査の結果が2日程度でわかるから、審査が通らなかったら別対策に速く切り替えできる!

UQ WiMAXのキャンペーン公式サイト
>>>
    こちら 

 

3.5.3 Broad WiMAX
  • すぐ使いたい人に便利な最短即日発送
  • 口座振替の審査が速く、端末は最短即日で発送します
    首都圏や大阪の人は店舗で口座振替の手続きや端末受け取りができます

  • どこよりも安い月額料金の裏に高額な初期費(18,857円税抜)の存在が難点
  • 月額料金はどこよりも安いですが、口座振替の場合は事務手数料以外に高額な初期費(18,857円税抜)が発生します

Broad WiMAXの公式サイトは
>>>
   こちら 

 

3.5.4 WiMAX以外でもOKなら
  • お試し利用におすすめの期間縛りのないSPACE Wi-Fi
  •  期間縛りがないので、数ヶ月から1年のお試し利用に最適

  • ギガ放題と同じ月間通信量に制限無し

 

SPACE Wi-Fiの詳細
>>>
 SPACE Wi-Fi

 

>SPACE Wi-Fiの公式サイト
>>>
 SPACE Wi-Fi

 

3.5.5 NEXTmoible
  • 繋がりやすいソフトバンク回線の使用で仕事利用が安心
  • 動画マニアでないなら十分使える30GB

 

NEXTmoibleの詳細
>>>
 NEXTmoible

 

NEXTmoibleの公式サイトはこちら
>>>
 NEXTmoible

4. WiMAX2+の端末選び

4.1 端末選びのポイント

WiMAXの最新端末は「Speed Wi-Fi NEXT W05」、「Speed Wi-Fi NEXT WX04」と据え置き型の「Speed Wi-Fi HOME L01s」があります。
旧型製品として「Speed Wi-Fi NEXT W04」、と「Speed Wi-Fi NEXT WX03」があります。
「Speed Wi-Fi NEXT WX03」はau 4G LTEをサポートしません。

 

価格.com等で評判が良いのはW05、W04と据え置き型のL01sです。
WX04は販売開始後は初期不良が発生して散々の評価でした。最近は以前より安定してきているようですが。

 

下り最大通信速度のカタログ値にまどわされない
端末選びではどうしても下り最大通信速度のカタログ値に目が行きます。最新端末W05は下り最大758MbpsとWX05の440Mbpsに比べて高速です。
一方、WX05の下り最大通信速度440Mbpsは旧機種WX04と同じです。

 

W05の下り最大速度758Mbpsですが、この速度758MbpsはWiMAXが圏外の時に使用するハイスピードプラスエリアモードでの通信速度です。
どうしてこんな高速通信ができるかというとキャリアアグリゲーションというWiMAXとau 4G LTEの複数の通信周波数帯(通信路)を束ねて同時に通信するからです。

 

対してWX05は、ハイスピードプラスエリアモードでWiMAXとau 4G LTEのキャリアアグリゲーションに未対応です。
したがって、このモードでの下り最大通信速度はハイスピードモードの440Mbpsと変わりません。

 

しかし、ハイスピードプラスエリアモードは本来WiMAXが圏外のときにレスキューとして使うモードで、WiMAXが圏外の時にはau 4G LTEだけで通信します。
このとき、WX05は下り最大通信速度150Mbpsです。これはW05でも変わりません。

 

もちろん、大きなファイルをダウンロードするとき高速通信するためにハイスピードプラスエリアモードを使うことはあるかもしれませんが、ハイスピードプラスエリアモードの月間通信量は7GBなのでハイスピードモードのようにじゃんじゃん使えません。
しかもほとんどサーバーは混雑により実際にはそんなに速度は出ません。
したがって、下り最大758Mbpsは絵に描いた餅でほとんど意味がありません

 

めったに使うことが無く、WiMAXが圏外で使うときは下り最大通信速度150Mbpsなので、WX05で高速通信の改良は意味はないと判断して行わなかったと思われます。
これは現実的で妥当な判断ですね。

 

端末選びで一番大切なことは、カタログ上の下り最大通信速度よりも受信感度、通信の安定性です。
WX05では高速化の代わりに電波の微弱なエリアでの通信品質の改善や連続通信時間の増加を行ってW05と製品の差別化をしたということです。
下り最大通信速度が速いのでW05をおすすめする情報サイトが多いですが、道理をわかっていない素人の意見か、W05の購入を誘導するためですから無視しましょう。

 

端末の評価が気になる方は、 価格.comでのレビューを参考にどうぞ。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX05
まだ、利用者のレビューは少ないですが価格.comの次にあります。
 >>> Speed Wi-Fi NEXT WX05 価格.comでのレビュー

 

Speed Wi-Fi NEXT W05
価格COMのレビュー 人気ランキング1位、満足度3.65、満足度ランキング3位
 高評価です。
 >>> Speed Wi-Fi NEXT W05 価格.comでのレビュー

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04
価格COMのレビュー 人気ランキング3位、満足度1.99、満足度ランキング10位<
 人気は3位なれど、満足度が低いのは、発売当初の不具合が多かったためです。不満意見は満足意見より多く投稿されるので、最近の満足度が低いままとは限りません。
 >>> Speed Wi-Fi NEXT WX04 価格.comでのレビュー

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03
価格COMのレビュー 人気ランキング7位、満足度3.29、満足度ランキング6位
 WX04の旧型機種ですが、高い満足度をキープしています。
 >>> Speed Wi-Fi NEXT WX03 価格.comでのレビュー

 

Speed Wi-Fi NEXT W04
価格COMのレビュー 人気ランキング8位、満足度3.54、満足度ランキング4位
 W05の旧型機種ですが、同様に高い満足度をキープしています。
 >>> Speed Wi-Fi NEXT W04 価格.comでのレビュー

 

Speed Wi-Fi NEXT L01s
価格COMのレビュー 人気ランキング2位、満足度4.19、満足度ランキング1位
 据え置き型のルーターで安定しているのでしょう。満足度ランキング堂々第1位でうs。
 >>> Speed Wi-Fi NEXT L01s 価格.comでのレビュー

 

4.2 端末機種変更

22ヶ月以上利用していると端末は無償で最新機種に変更できます。
このため、長年使っていてバッテリーの持ちが悪くなった、ちょうど2年使って新型端末が出たということで最新端末を入手するために他社に乗り換えする必要はありません。

 

  • 機種変更しても違約金はありません。
  • 機種変更の場合は、交換前の端末利用期間に応じて価格が異なります。
  • 今の端末を2年以上ご利用なら、新しい端末の購入代金 0円!

 

4.2.1 UQ WiMAX 機種変更

利用期間に応じて端末代金が異なります。

  1. ご利用開始月〜12ヶ月利用
  2.    20,000円

  3. 13〜18ヶ月利用
  4.    12,000円

  5. 19〜21ヶ月利用
  6.    6,000円

  7. 22ヶ月以上ご利用
  8.    0円

 

注意
端末を無料で機種変更して、機種変更後の6ヶ月以内に解約すると

  • 端末を返却しなければなりません。
  • 端末を返却できなかった場合や、返却した端末に破損、汚損、水漏れ、その他の不具合がある場合は、違約金として「ご購入端末の通常価格(20,000円(税別))」の支払いが発生します。

 

「WiMAX 2+→WiMAX 2+ 機種変更受付ページ」

4.2.2 BIGLOBE データ端末追加購入

BIGLOBEの機種変更は、データ端末追加購入を参考にしてください。

 

このサービスはUQコミュニケーションズ株式会社が提供しているので、端末の販売価格や利用条件はUQと同じです。

 

4.2.3 BroaWiMAX 機種変更

WiMAX2+端末を20ヶ月以上の使用なら『端末代金0円で機種変更』を利用できます。
最新機種へ無料で乗換えできます。詳細はこちら

 

4.3 端末の紛失や全損時の再購入

端末の紛失や水濡れや落下で全損時した場合はサポートセンターに連絡し利用を停止します。
端末は再購入できます。
この場合、同じ端末でなく最新の端末を購入することができます。

 

4.4 端末保証サービス

4.4.1 UQ WiMAX

端末の故障、盗難、紛失など、トラブルの際に、同一機種・同一色※2の交換用機器(リフレッシュ品)※3を届けるサービスです。

 

月額料金  380円/月

 

対象となるトラブルの種類
自然故障、部分破損、全損、水濡れ、火災による焼失、盗難、紛失

 

自然故障以外の紛失や破損による場合は、次の負担金があります。
   初回3,300円
   2回目5,300円
   ※1年に2回まで

 

4.4.2 BIGLOBE

端末保証サービスはありません
盗難、紛失、全損の場合は、サポートセンターに連絡して再購入します。

 

 

端末保証サービスは必要か?
端末保証サービスは必要でしょうか?
WiMAXの端末は利用するときにスマホのようにしょっちゅう取り出すことがありません。
紛失しても買い換えができるし、その場合利用期間が長いと購入する際に負担金が減ります。
最大でも19,000円以内の負担です。
管理人は自分の経験から不要と思ってます。

5. その他重要事項

5.1 重要!初期契約解除

申し込む前に確認

平成28年5月21日施行の改正電気通信事業法令により、WiMAXも「初期契約解除制度」(一種のクーリングオフ)の対象となりました。
契約書面の受領日か利用開始日の8日以内であれば無料で契約解除できます。ただし、申込手数料3,000円は戻りません。

 

端末を受け取ったら十分テストしてください。もし、満足しない場合は8日以内に契約解除しましょう。

 

詳細はこちら → 初期契約解除

 

口座振替できるプロバイダーは、BIGLOBE、UQ WiMAX、Broad WiMAXと3社ありますが、すべて初期契約解除できます。
申込み前に公式サイトやキャンペーンサイトで必ず確認してください。

 

初期契約解除で端末返却の際は配達完了証明を取る

初期契約解除で端末は所定の期日内に返却しないと端末代を丸々取られます。
端末の返却トラブルに備えて、期日前にきちんと届くように余裕をもち発送することと、配達完了証明も取るようにしましょう。
価格comにBroad WiMAXで返却トラブルがあった例が掲載されているからです。

 

 

5.2 口座振替手数料がかかる

BIGLOBEとBroad WiMAXは、月額料金以外に口座振替手数料(200円 税抜)がかかります。
年額にして2,400円です。つまりこれだけ余分な経費がかかると言うことです。
これに対し、UQ WiMAXだけは振替手数料がありません。

 

BIGLOBEとUQ WiMAXは25カ月以降の月額料金は4,380円ですが、振替手数料込だと次にになります。
 BIGLOBE  4,580円/月
 UQ WiMAX 4,380円/月

 

長期、特に25カ月以降は口座振替手数料の有無がお得感にジワーッと効いてきます。
これについて何もふれないでお得さを比較しているサイトもありますので注意しましょう。

BIGLOB WiMAX 最新端末WX05がお得

 

 

 

口座振替で15,000円のキャッシュバックか月額料金大幅値引き!当サイト一押し!
 

口座振替で新端末W05、WX04、L01sは15,000円のキャッシュバック、または3カ月目〜24カ月目の月額料金が通常より500円値引きの特典です。

キャッシュバックが受取やすい

キャッシュバックの受取は6カ月目にメールで案内を通知しますが、キャッシュバック受取口座は6カ月後の2日からマイページで受取口座を登録できます。
メールを見逃しても登録をすればバッチリ受け取れます。

最新端末W0X5なら圧倒的にお得(3年間の総支払費用が最安)

最新端末WX05を選ぶならUQ WiMAXより圧倒的にお得。当サイト一押し!

 

デメリット

端末の受取まで時間がかかる
キャッシュバックの受取が6カ月後

おすすめプラン ギガ放題2年、3年
おすすめ特典 特典A キャッシュバック15,000円
おすすめ端末 W05
月額料金(税抜)

特典A キャッシュバック15,000円
初月 無料

1カ月目〜2カ月目 3,495円/月

3カ月目〜24カ月目 4,180円/月

25カ月目〜36カ月目 4,380円目/月

 

特典B 月額料金大幅割引
初月 無料

1カ月目〜2カ月目 3,145円/月

3カ月目〜24カ月目 3,830円/月

25カ月目〜36カ月目 4,380円目/月

口座振替手数(税抜) 200円/月
申込手数料(税抜) 3年プラン 3,000円

2年プラン 無料

申込手数料(税抜) 3年プラン 3,000円

2年プラン 無料

端末受取時支払い費用

5,100円

(端末代金4,800円

+代引き手数料300円)

キャッシュバック 6カ後(メールで受取手続き通知)

 

 こんな人におすすめ
 → 口座振替をお得に使いたい人

 

 BIGLOBEWiMAXの詳細は
  こちら

 

 BIGLOBE WiMAX2+ のキャンペーンサイトは

 >>>
   こちら 

 

 

 

 

UQ WiMAX キャッシュバックの受取が早い!

 

 

 

ギガ放題(3年プラン)最大10,000円分のキャッシュバック

ギガ放題(3年プラン)の最新端末W05、WX04、L10sでキャッシュバック10,000円プレゼント!
最新端末W05はキャッシュバックなし!

端末とキャッシュバックの受取が早い!

端末は2日〜、キャッシュバックは2カ月後と早く受け取りできる

サポートが手厚い

年中無休でサポート時間も長い、WiMAXのサービス本家なので他のプロバイダーではこれ以上のサポートは考えられない

 

デメリット 最新端末WX05のキャッシュバック 無し

キャッシュバックは案内メールを見逃すと受け取れない

おすすめプラン ギガ放題3年
おすすめ特典 キャッシュバック10,000円
おすすめ端末 W05、WX04、L01s
月額料金(税抜)

初月      3,696円の日割り
1カ月目〜2カ月目  3,696円/月
3カ月目〜36カ月目 4,380円目/月

口座振替手数(税抜) 無料
申込手数料(税抜) 3,000円
登録料(税抜) 3,000円
端末受取時支払い費用

11,00円

(端末代金800円

+代引き手数料300円)

キャッシュバック 契約月の翌々月(メールで受取手続き通知

 

こんな人におすすめ
 →  サポートを重視する人や端末やキャッシュバックを早く受け取りたい方

 

 UQ WiMAXの詳細は
  こちら

 

 UQ WiMAXの公式サイトは

 >>>
    こちら 

 

 

 

Broad WiMAX 端末の店舗受取可!

 

 

 

首都圏、大阪の方は店舗受取可!

端末は最短即日発送。ネット申し込みでも店舗(渋谷、秋葉原、大宮、梅田)で端末受取りができます。
直ぐに使いたい人にはうれしい!

口座振替の審査が早く口座手続きも店舗で可!

口座振替の審査が早いので、端末の即日発送や店舗受け取り、店舗で口座振替の手続きができます。
銀行口座のキャッシュカードを持参しましょう!

「ご満足保証」

申し込み後に利用の不満があれば、初期契約解除後でも違約金無しで指定他社に乗り換えを保証する『ご満足保証』があるので安心して申し込みができます。

 

メリット 端末は最短即日発送なので早く使える
デメリット 端末無料以外特典が無い
おすすめプラン ギガ放題3年
おすすめ端末 W05,WX04
月額料金(税抜)

初月      2,726円の日割り

1カ月目〜2カ月目 2,726円/月

3カ月目〜24カ月目 3,611円/月

25カ月目〜36カ月目 4,211円目/月

口座振替手数(税抜) 200円/月
登録手数料(税抜) 3,000円
登録手数料(税抜) 3,000円
初期費用(税抜) 18,857円
端末受取時支払い費用

22,257円

(初期費用18,857円

+登録手数料3,000円

+代引き手数料400円)

 

 こんな人におすすめ
 →  口座振替でもとにかく早く使いたい人

 

 Broad WiMAXの詳細は
  こちら

 

 Broad WiMAXの公式サイトは
 >>>
   こちら